コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2014年 09月 ( 87 )   > この月の画像一覧
2014 08 31 無愛想
林の中で羊に出会うと,白いモコモコした姿が可愛いからか一瞬こころが和む。でも近づいて声を掛けてもこちらの事は全然無視するし,目が馬や牛のように可愛く無い。随分無愛想な動物だ。
d0104210_13433061.jpg
EPSON R-D1 COLOR SKOPAR 35mm F2.5
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-09-01 13:45 | Comments(0)
2014 08 31 独り占め
日曜日の午後3時,アンノーネのこんな奇麗な公園に誰もいない。うそのような話しだ。
d0104210_559020.jpg

EPSON R-D1 COLOR SKOPAR 35mm F2.5
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-09-01 06:01 | Comments(0)
2014 08 31 白樺林
白樺林は不思議な空間
d0104210_4461853.jpg
EPSON R-D1 COLOR SKOPAR 35mm F2.5
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-09-01 04:47 | Comments(0)
2014 09 01 犬
この世には良い犬と悪い犬が,いる。何故か知らないけど,犬は飼い主に似る,というか全く同じ性格になる。ほとんど人の心が犬に複写されるみたいだ。で,この犬はかなり良い犬だな。凛々しい。
d0104210_2573439.jpg
EPSON R-D1 COLOR SKOPAR 35mm F2.5




















-

[PR]
by kimiyasu-k | 2014-09-01 02:59 | Comments(0)
2014 09 01 前菜
まだ行った事の無い,別に観光地でもない街,アンノーネとオッジョーノに裏山を超えて,と言ってももちろん車ですが,いってみようと,まずはティバーノ高原まで上がり,そこにある食堂で腹ごしらえをしました。いつもの通り,180度以上曲がってしまったへそ曲がりで,道沿いの駐車場に沢山車の停まっている評判の良いレストランは嫌だと,あてもなく脇道を上がって行きました。車が何とか一台通れる林道のような道を数キロ上がって行くと,昔の農家を随分モダンに改造した民宿がありました。そこで食事ができるか聞く為に車から降りると主人が寄ってきてレストランはあと一キロくらい登って行くとあるよと,教えてくれました。更に狭くなる道をしばらくローギア(イタリアはほとんどまだマニュアル車です。)で何とか登って行くと,それらしい建物がありました。何やらテーブルの用意をしているおじさんに「食事できる」と聞くと,「できるけど1時からだよ」と返事がありました。あと30分くらい時間があります。車を置いて,この気持ちの良い高原を30分ほど散歩しました。牧草は,この季節は奇麗なお花畑に姿を変えます。背の高い枯れかかったアザミがのびていました。しばらく行くと,白樺の急傾斜の林には,羊も何匹か姿を見せました。犬の激しい鳴き声が聞こえて来ます。そろそろ時間かと食堂に戻ると,もう2組の客が席に着いていました。牧場を本業とするとても愛想の良い主人と料理好きの奥さんの経営するこの食堂は,「家庭料理」と書いてあるように素朴で正直な料理でした。何も頼まなくても出て来た前菜は,自分たちの作ったチーズやサラミなどで,この辺りでは当たり前の料理ですが,何故かとても美味しく感じました。
と,まるで小学生の夏休み,宿題の作文のように書くのが相応しいような食堂だった。それにしても,こんな林道の突き当たり,誰も通らない場所で,「食堂」をやっているのだから,もう279度くらいヘソの曲がっちゃった御夫婦なんだろう。上には上が居るもんだ。
d0104210_241758.jpg
EPSON R-D1 COLOR SKOPAR 35mm F2.5
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-09-01 02:34 | Comments(0)
2014 09 01   8年後
8年後のワールドカップ,準決勝,PKに備えて,練習だな,日曜の午後は。
d0104210_1561688.jpg
EPSON R-D1 COLOR SKOPAR 35mm F2.5
この景色はとてもイタリア的な風景だ。何故かといえば、この運動場が、まぎれもなく教会のオラトリオの運動場だからだ。日本では放課後のスポーツは学校でするけれども、イタリアでは放課後は、教会の管理するオラトリオ、若者センターで行われる。背景の素っ気のない建物は典型的なオラトリオの建物で、なんとなく閑散としている。バカンスもあと2週間と終わりに近づき、海や山から戻ってきた子供達、男の子はこうしてオラトリオの運動場で、サッカーにあけくれる。立派なサッカークラブもあるのかもしれないけれども、イタリアではこうしてオラトリオに好き勝手に子供達が集まってきて、好き勝手に練習をして、面倒をみたい大人がいれば好き勝手に面倒を見る。立派なサッカークラブで英才教育をして、本当にすごい選手ってうまれるのかなと、思ってしまう。
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-09-01 01:56 | Comments(0)
2014 09 01 あざみ
d0104210_1231015.jpg
EPSON R-D1 COLOR SKOPAR 35mm F2.5
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-09-01 01:23 | Comments(0)