コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2014年 10月 ( 64 )   > この月の画像一覧
2014 10 30 新着
街に出て,中古品店の前を通るとガラス越しに古ぼけた椅子が飾ってあった。中に入って,あの椅子見せてと言うと,他にも2,3脚あるという。トーネットの背もたれの低い,随分可愛い椅子がある。程度も良くてそのまま使えそうだし,程よく古い感じもする。18ユーロか。これは買いだな。ガラス越しに外からみた椅子も,やっぱり欲しい。まあ良いか,二脚とも買ってしまえ。自転車で来たから1本しか持って帰れない。椅子を籠の上に載せて右手で支えて颯爽と自転車で石畳の人ごみの町中を走っていくのも,なかなか良いじゃないか。事務所に着くと,何となく人が使っていたものだからアルコールで丹念に拭くと,マックの前に置いてみた。最近ストレス解消にペンキを少しづつ剥がしだした古い机とぴったり相性が良い。
d0104210_6272828.jpg
EPSON R-D1 x NOKTON40mmF1.4
思い出してもらいたいのは,
ー原子力規制委員会は原子力安全委員会にとって代わった原子力発電所の安全性を審査する機関だ。その主旨は,原子力安全委員会が原発に寄る権益を共有するメンバーにより構成されているために,安全性の健全な評価ができない,その結果がフクシマの事故へと結びついたという事,そして事故時に何ら対応ができなかったという反省があった。
そこで原子力規制委員会は,言ってみれば反対派のメンバーも加えることによって,健全な原発の安全評価ができる組織をつくり上げることに大きな目標があった。その本来の目的は先の委員の交代によって示されたように完全に無効化してしまい,結局もとの木阿弥となった。
ー現在,原子力規制委員会が評価するために基準としている安全の新基準はいったい誰が作成したものなのだろうか。原子力規制委員会は,彼らの仕事が,新基準に適合しているかどうかの判断をするだけだとあらゆるところで宣言している。彼らは基準自体を作成する立場にはない。当然ここでも新基準を作成したのは「官僚」ということになる。
ーたとえそれが,既存の原発再稼働を前提とした「新基準」であったとしても,この新しい基準は,それ以前の安全性の評価と比べて根本的な前提の変革が含まれていた。
それは,それ以前の基準が重大事故は想定外ということで評価の枠の外においていたものを,重大事故が起き得るという仮定を持ち込んだ事にある。
ーこの重大事故は具体的に言えば,炉心溶融で放射能が原子炉格納容器の外に漏れ得る,それが多くの人々に重大な健康被害を与え得るということだ。
そのための具体的な対策は,4つに要約しても良い。
1 あらゆる事象に対しても電源を確保すること
2 ベントフィルターの設置(壊滅的な爆発を回避するために必要不可欠な設備)
3 免震重要棟の設置(制御するための最後の砦)
4  避難計画の策定
川内原発の安全基準適合と結論づけた原子力規制委員会の詐欺性はここまでくれば明白だ。
たとえ,発電機をそなえた数台の車が仮に100%の電源確保を保証すると認めたとしても残りの3つの事項に関しては,どれひとつとして満たしていない。
本当は許されないけど例え10万人の避難民がでたとしても,一回目のミス,は許すことにしよう。でも,同じ事をくり返す,二度目の同じミスを犯すのは許されない。それが故意であれば尚更だ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-31 06:28 | Comments(0)
2014 10 29 ストーブ
田舎暮らしといっても,その上に,「似非」,「なんちゃって」がつくからキチンとお湯の全館暖房が入っているので,ストーブに火をつけなくても寒くなれば自動的にサーモスタットが働いて,家の中は暖かくなる。でもやっぱり庭の葉っぱや小枝なんかを燃せば,冬になった雰囲気が味わえる。火をつける時には少し煙が焚き口から漏れてしまうから煙の匂いがして,月桂樹の葉っぱなんかは,樹脂が多いから燃える時にはパチパチっと音がして,それがまたああ,冬だなあといい感じがする。だから暖房の助けには全然ならないけれども一日一回,何となくストーブに火を入れる。
どこかの屋根裏からムラトーレ(左官屋)と一緒に運び込んだこのストーブは優れもので,大きな薪を2,3本入れておけば,2,3時間は家を暖めてくれる。そして焚き口が大きいから,もっぱら調理器具として使っている。魚はこのストーブで焼く。細めの枝が炭になったころ魚を入れれば微かにスモークされた焼き魚が上手にできる。おまけに,魚を焼く臭いはみんな煙突から逃げてくれるから家の中には全く臭いがでない。飛び散った油を掃除する必要もない。焼き鳥,パン,なんでもみんな美味しく焼ける。家には電気の立派なオーブンがあるけれどもお菓子を焼く以外にはほとんど使う事はなくて、この万能100年ものストーブが一年中活躍する。
d0104210_6554072.jpg
EPSON R-D1 x NOKTON40mmF1.4
それにしても川内原発が再稼働に向けてまっしぐらに進んでいる。フクシマの事故で何ら機能しなかった「原子力安全委員会」を廃止し,利権からは完全に独立させることで「原子力規制委員会」が生まれた筈なのに,実際には何も変わって居なかったし,いつのまにかリサイクルエネルギーは買い取りしないと電力会社は言い出し原発再稼働を後押しするし,まだ10万人もの人が避難生活を余儀なくされているという現実があったにも関わらず,また3年前のバラ色の原発を描いているのだから,日本という国は本当に「ダメな国」だなあと思う。うちわ配ったり,芝居見に行ったり,宴会なんかして,それを国会という「超ハイコスト」の場で良いだ悪いだという議論をしてる時間があったら,真剣,これからどういう風にして行こうかって考えたり勉強したり,議論したりしてもらいたいって思ってるのは自分だけじゃないと思うのだけれど。
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-29 06:56 | Comments(0)
2014 10 28 狂気
d0104210_6272636.jpg
Sigma SD-15 17mm-50mm f2.8
完全に狂っている。川内原発再稼働まっしぐら。
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-29 06:27 | Comments(0)
2014 10 29 客発ちぬ
d0104210_11344432.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-28 11:36 | Comments(0)
2014 10 28 ヴィットリオエマヌエレ通りのバル
d0104210_77499.jpg

この字体はムッソリーニの活躍した時代,ファシズム,192,30年代の時代の字体だ。そしてこの頃は同時に社会主義が人々の中に浸透していった時代でもある。だから,この字体を見れば時計が100年戻ったような気になる。コモの街のメインストリート,エマヌエレ通りにあるこのバルもきっと先先代からずっとここに店を構えていたバルで,一体これまで何杯のエスプレッソコーヒを入れたのかと思ってしまう。
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-28 07:08 | Comments(2)
2014 10 26 一時間
今日,1日が25時間で1時間長い。時間が経ってしまった写真は,どこか旬を過ぎた感じがして盛り上がらない。夏の最後のプーリアの写真もこれで終わりにしよう。白い街,オストゥーニのドゥオモは「剽軽」な妻の形が面白い。
d0104210_18344487.jpg
Sigma DP-1
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-26 18:38 | Comments(2)
2014 10 23 小舟
d0104210_753514.jpg
Sigma DP-1
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-24 07:06 | Comments(0)
2014 10 21 いのる LEUCA
Santa Maria de Finibus Terrae イタリア半島の長靴かかとの先では,地の果ての聖マリアが柱の上でいつも祈っている。
d0104210_9555279.jpg
EPSON R-D1 COLORSKOPAR 35mm F2.5
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-22 01:39 | Comments(0)
2014 10 20 昭和には茶店といい、イタリアではバルというカフェ
毎日のように前を通り、別に特別流行っているという訳では無い普通のカフェの、スチールサッシの緑色が改めて余りに奇麗な事に気づいた。
昔ながらの型鋼で作ったスチールサッシは、鉄板を曲げて作った中空の型押しスチールのサッシとは、一線を引く、無垢特有の存在感のあるものだ。こんなところにメンテナンスフリーだからとアルミの焼き付け塗装のサッシを使うなんてもってのほかだ。壁の色は、残念ながら化学系の塗料で出した物だけれども、ミラノの黄色と呼ばれる、スカラ座にも使われている黄色で緑色との相性が完璧だ。そのサッシ周りはこのあたりでは良く使われる俗称ベオラと言われるグレーの御影石をビシャン叩きで仕上げてあり、黄色と緑の間に中間色の額縁を作って開口を強調している。道路の縁石はこれも御影石で30センチ幅もあり、建物を際立たせる。道路の舗装は、コモの街は全てこのポルフィド石というトレントの近くで産出される御影より固い石で舗装されている。石畳だ。もちろんこのポルフィド石は、それ自体では魅力ある物だけれども、このコモという街にはそぐわない。なぜならこの地域で産出する石ではなく、かつてはコモ湖の街、モルトラージオという街で産出される濃いグレーの石が利用されていた。石の埋蔵虜がすでに底をついてしまい、とても街全体を舗装するほどの量が切り出せないため、大量生産においつくポルフィド石がイタリア全国で使われてしまっているのは少し残念だ。そしてカフェの主人が道に並べているテーブルと椅子の色、テーブルクロスの柄、色までが、それにマッチするようにコーディネートされている。
イタリアの街は、奇麗だと言われる。ただただ、自然に奇麗な街が出来てしまった訳では決して無い。役所も含め、専門家が、住民がかなり、労力とお金を、知恵をだしあって出来ている事に、なかなか気づかない。ここはデズニーランドでも、舞台の書き割りでもない、人が日常生活をする空間だ。
d0104210_118162.jpg
EPSON R-D1 x NOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-21 01:17 | Comments(2)
2014 10 20 異常気象のためか今年2度目の開花をするバルコニーのレモン
d0104210_0133928.jpg
EPSON R-D1 x NOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-21 00:10 | Comments(0)