コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2015年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧
2015 06 07 にく
日常の買い物は、街のスーパーと公設市場でする。日本にも昔はあった公設市場がイタリアではどこの街にも必ずある。野菜,果物,チーズや肉は,パックされてしまっているスーパーのものより遥かに美味しい(気がするだけなのかもしれないけれど)から土曜には市場とスーパーのはしごになる。チーズを買うのにもう25年以上通いつづけているのは市場のチーズ屋「FIGLIO DI CONTADINO、百姓の子供」という名のお店で、この地方のチーズが何種類も置いてある。北ヨーロッパと違って,イタリアにはその地方特有の生産者が,その地方だけでしか作られていなくて,ほとんどその地方だけで消費されるチーズが数多くつくられている。コモ湖の北から東に延びる大きな谷,バルテッリーナにはビットという標高1000メートル以上でのみ生産されるチーズがあり、カゼーラというチーズは、やはりこの地方の名物,そば粉のパスタ,ピッツォッケリに使われる。コモ湖の東にある刃物の生産でも有名なバルサッシナにはちょっと凄い臭いけれども口に入れれば滑らかで甘い舌触りのタレッジョチーズがある。別にこの地方で生まれたわけでもないのに何故かこの地方のチーズに手を出してしまうのは、やはり美味しいものが手にはいるからだろう。
この「百姓の子供」とは先代からの付き合いで,今では兄妹、と言っても自分と同じ歳だからもう白髪だらけだけれども、がお店をしている。家に帰り数種類のチーズの入ったちょっと重い袋を開くと,こうして肉、スペアリブが入っている。「あれま,またタダでくれた」。もう一回や二回のことじゃない。
イタリアも日本と同じで、街の中で野菜や果物屋を見る事はもうなくチーズ屋,肉屋だけはまだたまに残っているといった程度だ。それも最近では気が付くとブランド品の服屋やお洒落なカフェに変わってしまっていたりする。公設市場も、空いてしまったお店が目立つようになってきた。
安いから、便利だからとついついスーパーで買うようになってしまうけれども、高くても,行くのが面倒でも,かなり意識してこういうお店に行かなければ,自分たちはいつのまにか巨大企業によって与えられたものだけ を口にする貧しい消費者、つまり誰もが同じ物を口にして同じような生活をするつまらない画一的な人へと成り下がって行く。それに一体本当は何を口にしているのかも、知らない、そんな恐ろしい事になっている。
d0104210_63862.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-08 06:06 | Comments(0)
2015 06 07 パランツォのきれいな家
d0104210_5465441.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-08 05:48 | Comments(0)
2015 06 07 朝日に照らされ浮かぶ雲
d0104210_13193713.jpg
EPSON R-D1BIOGON28mmF2.8
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-07 13:21 | Comments(0)
2015 06 07 全力
全力で漕ぐグイドとエンジンを噴かすフィオレンツォ
d0104210_1311362.jpg

EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-07 13:14 | Comments(0)
2015 06 06 なぜか
なぜか、洗濯バサミは被写体になる。
d0104210_641528.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-07 06:42 | Comments(0)
2015 06 06 もう
もう一週間経ってしまった。この写真を撮ってから。V=1/k・YxY (V:時間の早さ Y:年齢 k:個人による人生の密度定数)なんて公式はどこでも習わなかったのに。Yは二乗で掛かってくるから、k密度定数をどんどん上げてもなかなか追いつかない。これでは焦るばかりだ。
d0104210_6191892.jpg

EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-07 03:23 | Comments(0)
2015 06 05 花のある家
d0104210_543054.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-06 05:44 | Comments(0)
2015 06 05 コモ湖
d0104210_529043.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-06 05:31 | Comments(0)
2015 06 05 船着き場のあるトルノ村の広場
船着き場のあるトルノの広場には、夕方になると鴨が集まる。
d0104210_1258182.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
見るのはネット新聞だから紙新聞でどのように報じられているのかは知らない。気をつけなければ見落としてしまう程だけれども,現政権の太鼓持ちの新聞でさえ「自公推薦の憲法学者、安保法案は「憲法違反」」と報じている。衆議院の憲法審査会に招聘された三人の憲法学者が,安保関連法案が、集団的自衛権を巡る法案が憲法違反であることを表明した。つまり現政権が行おうとしている安保に関する政策が、憲法に違反しているという「事実」を突き付けられたわけだ。国民の選ぶ道は二つしか無くて,「現政権の法案を廃案とする」か、「憲法を改正するか」のどちらかしかない。これはもう、首相が良い悪いとかといった話しではなくて、国民ひとりひとりの道徳的な問題であることはあきらかだ。つまり日本を法治国家とするか、そうではなくて、ある絶対的な権力によって統治してもらう国にするか、そういう問題を突き付けられている。それでもリベラルな新聞でさえも,この問題をまるで三面記事のように扱っているところを見れば,確実に日本はまるで歴史を逆行するかのように、後者の道を選ぼうとしている。
でも必ずしもそれが悪い事だとは言えない。日本は世界の先進国の中で唯一,「飛び抜けて優秀な指導者」によって運営を任された「近代国家」であっても良いと思う。それをみんなが望んでおり、下手なポピュラリズムによってとんでも無い方向に進んでいってしまうよりは。江戸時代を見れば,350年にも渡り,徳川家という「飛び抜けて優秀な指導者」によって戦争もおきる事無く,文化を成熟させ、人々もそれなりに満足して暮らしていたのだから。
(もちろん最後の節は皮肉ですから、変に勘違いしないでください!この歳になって分かったことは所詮ひとはドングリの背比べで,一億もの人間の上に立って全ての価値観を理解してその瞬間に最良の選択ができる人間なんて,つまり飛び抜けて優秀な指導者なんて存在しないという事です。そのような場に置かれているから、例えば首相というような場に置かれているから何かとんでもなく優れた人のように思えますが,元首相という人達が誰もが普通の人に戻って行く事をみれば、絶対的に優秀な人なんて居ません。)
イタリアに暮らして思う事は,こういう「根源的な問題」を日本人は「現実の事」として受け止める力に欠けているのではないかと思う。「現実」を直視して、自分で考えて,判断し、意思決定をして、自分を規定していく。何も難しい事だけでなく日常生活の些細な事も全て含めて。まるで思考が停止してしまったかのように何となくその場の「空気」に流されていき、気が付いたときにはとんでもないところに立っていた、という事がよく起きる。その最も典型的な例は第二次世界大戦だし,フクシマの原発事故だし、おそらく今回の集団的自衛権をめぐる国の暴力(戦争)に対する立ち位置だと思う。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-05 13:00 | Comments(0)
2015 06 05 トルノ村の船着き場
コモ湖畔の村にはどこにも船着き場があるけれども、このトルノ村の船着き場は一番だ。村の教会,切り妻ファサードが可愛い聖テクラ教会に面して、長方形の船溜りは広場に取り込まれている。この時期,この広場ではコモ湖で採れるアルボレッラという小魚を大きな鍋で揚げて,村のアルボレッラ祭りが行われる。
d0104210_12384798.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-05 12:47 | Comments(0)