コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2015年 07月 ( 61 )   > この月の画像一覧
2015 07 31 いつのまにか
いつのまにか7月31日になってしまった。
d0104210_14213587.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
国立競技場問題,そしてエンブレム盗作で、オリンピックは随分さい先の悪い出だしとなった。先行きが思いやられる、と関係者は思っているだろう。だいたい,駄目な時や駄目な事ってのはあるものなので,じっとやり過ごすしかない。オリンピックもあんまり頑張らずにジッとやり過ごすようにした方が良いと思う。世の中は思い通りにはいかないものだ。
一見なんの関係もない、競技場とエンブレムだけれども実は共通点がある。それは両者ともコンペによって決定された事だ。
コンペは確かに多数のアイデアから「最良の案」を選ぶという一見民主主義的な方法のように思われている。でも実際には,コンペは始める前から,審査員によって決まっている。つまり誰が審査員であるかという事によって決まっている。そこには政治的な意味も、権益や名誉,金銭も絡んでくる。応募案の良否,適切さ、そんな事はおかまい無しに,審査会の中で働く「権力」の結果が勝者となる。秘密裏に行われる審査会のやりとりをもし見聞きすることができれば、今回の二大汚点の本当の原因がはっきり見えてくるだろう。そしてそれは極めて日本的なやり方であることが分かる。
1964年の東京オリンピックのエンブレムは、「気品」があったし、単純な構成の中に「正直さ」があり、どこかに「謙虚さ」も兼ね備え,今日でもイタリア人に自慢して見せる事ができる。それに比べて2020のエンブレムのデザインの酷さは、恥ずかしくて見せるわけにはいかない。デザインは,一見「図柄」の問題のようだけれども、実はその背後にある「社会の仕組み」の表出であることにはあまり気付かない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-31 14:23 | Comments(0)
2015 07 30 夕焼け
d0104210_4421610.jpg
EPSON R-D1 BIOGON28mmF2.8
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-31 04:43 | Comments(0)
2015 07 29 変な夕焼け
d0104210_556380.jpg
EPSON R-D1BIOGON28mmF2.8
記録的な暑さが過ぎて,雨が時々降り,まるで夏が終わってしまったような、今晩は上にもう1枚重ね着してバルコニーで夕飯を済ますと,不安定な大気に、変な夕焼けがやってきた。写真を撮ったのは夜十時とはいえどんどん日が短くなって行く。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-30 05:07 | Comments(0)
2015 07 28 ついに見た
毎日前を通るけれども、開くのを見た事がないドアが開いていた。思わず中を覗き込んでみた。別に何もなかった。1993年から22年間の謎は、つまらない決着をみた。あのままずっと謎のドアであった方が良かった。知らない間は想像が膨らみ豊かな世界が広がっているけれども、知ってしまえば在り来たりの現実があるだけだ。
シャッターを押して上を見上げると、二人の男が窓からジッとこちらを見つめていた。
d0104210_273284.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-29 02:12 | Comments(0)
2015 07 29 後ろに滝の見える鎧戸
d0104210_2144262.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-28 21:49 | Comments(0)
2015 07 28
d0104210_13384666.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-28 13:39 | Comments(0)
2015 07 26 用を足す
d0104210_13134946.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
そういえば、「雉打ち,お花摘み」なんて専門用語があったな、登山の。今年初めて庭に姿を現した雉は風情があるけれども、トウモロコシに甚大なる被害を及ぼす可能性があるから、参るな。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-27 13:15 | Comments(0)
2015 07 26 クルクマ 花泥棒
d0104210_4464751.jpg

週一の土曜夕方の山のような買い物を済ませて帰ってくると、まずはその片付けからはじまる。さすがに一週間分の食料が全てテーブルの上に広げられると,結構な量になり、野菜を洗ったり冷蔵庫や食品棚に収めたりすると時間もかかる。
「あ、クルクマが無い」と"妻"が叫んだ。窓台に置いたクルクマが忽然と姿を消して,代わりに雑草の植わったビニール鉢が置いてあるのだ。「誰かがクルクマ盗んだ!、こんな雑草鉢を置いていった。」最近、このあたりバカンスを過ごす外人が多いから道を通りかかった時に持っていってしまったんだ。それにしてもこんな雑草を置いていくなんて???という訳で,こういうことに関しては随分と"感情的"になる妻は,大分、ご立腹の様子だ。悪態をついている。先週,若い人達が集まってパーティをした時に,リーザの持って来てくれたクルクマに、感心していた妻としては致し方ないところだ。全く,イタリアという国は、花も外には出しておけない。クルクマの置いてあった窓台は、道から1.8Mくらいのところにあるから、盗むにしても背伸びして手を伸ばさないといけない。さすがに泥棒の国,イタリアだ。
夕飯を済ませると,土曜の夜はいつも隣のフィオレンツォの家に,雑談に行く。まあ,コーヒを飲みながら今週は何が起きたんだ,なんて話しを夕涼みをしながらテラスでダラダラと2,3時間するというわけだ。最近はもうひと夫婦(正式には入籍していないから夫婦じゃないけど,まあ似たようなもの)が加わって,6人集まる。
「で、何か起きなかった?」「そうそう、盗まれた!クルクマ,窓台に置いて出掛けたら,無くなっていた。」「そんな花,あったの。見た覚えないけど」と隣の奥さん,ロレーナが言う。「私もしらない」ともう一人のパトリツィアも言っている。警察に届け出たほうといいよ、最近この辺りも観光客が増えてしまって一体誰が出入りしているのかさっぱり分からないし。と、盗まれたクルクマを巡って15分も雑談に花が咲くと,旦那のフィオレンツォがおもむろにテラスから家の中に入っていった。そして、クルクマの鉢をもって姿を現した。あとはみんなで大笑い,土曜の夜は余興が必要だ。今回は両ご婦人,ロレーナとパトリツィアが組んだと演出だった。
イタリアは確かに泥棒も多いけれども、笑いも多い。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-27 04:48 | Comments(0)
2015 07 24 怪我
d0104210_72507.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
昼休み,事務所のキアラと自転車で出掛けると,見事にキアラは,縁石に激突して転んだ。子供のころよく膝を擦りむいたように、真っ赤で巨大な擦り傷を作った。恥ずかしいとキアラは翌日からスカートをはかない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-26 07:21 | Comments(0)
2015 07 24
d0104210_13455758.jpg
EPSON R-D1BIOGON28mmF2.8
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-07-25 13:47 | Comments(0)