コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2015年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧
2015 10 28 無題
d0104210_76724.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
マンションの杭問題は、何となく担当者の「いい加減さ」という事で問題解決をしようとする感じが読み取れて,杭とはあまり関係は無いけれども,一応業界の事情を知っている建設に携わっている自分には何とも後味の悪い事のなりゆきだ。
何故か,マスコミがあまり騒がず,また人々も関心を示さなかったもっともっと、かなり酷い,ワーゲンの排ガス詐欺と同じような事件が他にもあった。
それはアルミサッシの防火認定データーの改ざんだ。数年前,大手アルミサッシメーカーのつくるサッシが実は防火認定のためのデーターが改ざんされていて、防火性能を有していないことが発覚した。東京などの密集地では,都市計画により準防火地域,防火地域などが指定されていてこの地域では、防火認定のされているサッシしか使う事ができない。ところが全ての大手アルミサッシメーカーは防火性能の無いサッシを防火認定品として販売していて、誰もその事に疑いを持たずに防火認定品として使っていた。だから2,3年前までに作られて全ての家は,防火地域にもかかわらず、防火性能を有していない住宅,非合法的な住宅という事になる。おそらくこの事は,住んでいる人も知らない。言ってみれば家を建てた人は,大手サッシメーカーに「騙された」事になる。このような事があれば車ならリコールということで何百万台の車に手をいれることになるのに、何故かアルミサッシを防火認定品と取り替えますというような話しは何処からも上がらない。
実際ことの成り行きはもっと酷いもので、この事が発覚した時点で,国はこのサッシの出荷をストップさせるどころか、1年以上に渡りこの非合法のサッシを使用する事を認めた。つまりあと一年間はこのサッシを防火認定品として使って良い,時間の猶予を与えるので、それまでに防火認定を取りなさいよという、寛大な措置にうって出た。もしこのサッシをすぐに使うことが出来ないとすれば、家の建設が全てストップしてしまうのは事実だ。それが経済にとって大打撃なのも事実だ。もちろんこれは杭問題とは異なり防火認定を取る部署にいた一人の責任ではなく、全てのメーカが足並みを揃えてやっていたのだから、構造的な問題という事になる。ここから見えてくるのは、結局、国と独占的大企業の「蜜月関係」で国民は蚊帳の外にいつも置かれる。このような産業の体質が、日本独特のものであることには留意していた方が良いと思う。大企業=正義みたいな固定観念はあまりに大人げない。

追記、ことの顛末は、防火認定を取ったアルミサッシの値段をそれまでのものの2.5倍につり上げることで、サッシメーカーはこの機会に更に利益を上げたという、もうここまでくれば開いた口が塞がらない。













[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-29 15:10 | Comments(2)
2015 10 28 はるか
d0104210_62262.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-29 06:03 | Comments(0)
2015 10 27 ちょっと
d0104210_6514973.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-28 06:53 | Comments(0)
2015 10 27 VESPA
d0104210_619715.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
ほとんど人の居ない,僅かな老人だけが住む山間の寒村で、色もくすんだ寒村で、突然出会ったベスパは鮮やかな青で、シートに置かれたヘルメットが派手なカラーリングがしてあるのを見れば,若者が居る。くすんだ寒村に場違いな鮮やかなスクーターには一瞬戸惑うけれども,ほっとする。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-28 06:20 | Comments(0)
2015 10 26 再登場
d0104210_6201722.jpg

一年ぶりに戻ってきた農場には、やっぱりこの「良い犬」がいた。こんなに「良い犬」なのにイタリアには珍しく鎖に繋がれているのが,なんとも悲しい。






















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-27 06:21 | Comments(0)
2015 10 25 愛
d0104210_1425562.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
土曜の夕方,事務所に友人夫婦の奥さんロレーナから電話があった。「明日栗拾いに行くから来ないか」、(本当にロレーナ,栗拾いに行くのかな。)あんな出不精で,腰が重くて,ダラッと寝椅子の上で日光浴をする姿しか見た事がないのに、山で栗拾いなどというかなり活動的な行いをするのはどうも腑に落ちない。
つまり事の始まりは,ロレーナの旦那,フィオレンツォがここのところアーチェリーに夢中になっていて今日は練習,明日は,クラブの集まり,明後日は大会,と奥さんのことを放っている事にあった,アーチェリー三昧に明け暮れている事が,ロレーナにはどうにも気に入らない。今週末もどこかの大会がありフィオレンツォは本当なら参加したかったのだけれども、さすがにロレーナの異議申し立てがあり、それなら私が栗拾いイベントを組織するという事になった訳だ。そこで、彼女の姉夫妻と別の友人カップル,そして自分たちがそのイベントに巻き込まれた、というのがこの異例のロレーナの栗拾いの本当の事の顛末だった。
もう季節が少し遅いかと思った栗拾いは,みんな10kg程の栗を一時間くらいでリュックに一杯にして満足。その後,近くの酪農家のやっている農場食堂で前菜から始まりパスタ,肉,デザート,コーヒーという完全イタ飯のおいしい昼飯をダラダラと2時間くらいかけてのんびりした。こうして典型的なイタリアの日曜は過ぎていく。
あの、日光浴しかしないロレーナを山の栗拾いに駆り立てる程、イタリアの夫婦愛は強いのだ,と改めて痛感した一日だった。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-26 14:19 | Comments(0)
2015 10 25 天秤
d0104210_348394.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-26 03:48 | Comments(0)
2015 10 25 秋色
d0104210_2205892.jpg

EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-26 02:19 | Comments(0)
2015 10 25
d0104210_14182867.jpg


たった2日半の初めての日本への旅で,所用を片付けどうにか半日の自由な時間の取れたダリオに、東京の喧噪と鎌倉の古刹のどちらに行きたいかと聞けば,彼は迷う事無く鎌倉に行ってみたいと答えた。結局は自分の知った交通の便の良いところが良いだろうと,北鎌倉の駅からすぐ着く円覚寺に行く事にした。
電車に乗って、どこまで行ってもびっしりと建物の建ち並ぶ景色を眺めては彼はあきれ果てていた。けれども、北鎌倉に来れば突如として、深い緑が線路際まで迫ってくる。
石の階段を少し登り、どちらかと言えば控えめな総門をくぐれば,その先には,階段の向こう側に今度は立派なモニュメンタルな山門が見える。こんなに魅力的なアプローチはなかなかお目にかかれない。期待感に自ずと気持ちは高ぶる。
力強い貫構造の構築性と美しく繊細な曲線を描く山門は,たとえそれが江戸期の再建であっても、木造建築の本質が凝縮されている。時間が経って木目の浮き出た骨太の柱貫の素材感もこの建物の存在感に大きく寄与している。
残念ながらコンクリートで再建された仏殿はあれこれ言うには及ばないが,山のずっと上に位置する黄梅院までの道すがらに配置された様々な建築を巡る自然と織りなす空間体験は,円覚寺独特のものだ。まるで国中が文化遺産のようなイタリア人にも,自信をもって見せることができる。「ここに連れてきてもらって良かった」、とりわけ建築や文化に興味をもっているわけでも無い彼が言ったのは、決してお世辞では無かったと思う。

こんなに素晴らしい建築空間に対する感性を磨き続けたきた日本人の住む現代の家の貧しさといったら、一体何なのだろうか。最先端の技術で紙に木目をプリントした建材や、まるで本物のクロスのようなビニールを壁にはり、石や煉瓦を模したサイディングボードで覆われ、数年で見るに耐えない汚れと化してしまうプロスチックの雨樋を冠して,おそらく下はもう腐りかけているコロニアルを屋根に葺いて,それが今の日本の住宅の「標準」だ。99%以上の新築の住宅は,このような本物に似せたエセもので出来ている。ここに様々な電子化の厚化粧をしたのが「日本の家」だ。用を足そうと思えば,自動的に蓋が開く。施錠はカードで、スマホひとつで空調までしてくれる。まるで自分が子供のころに思い描いた「未来」がそのまま形になっている。でもそれが建築の進化だと思ったら大間違いだ。それは住宅のもつ一側面である道具としての機能の利便性でしかない。
建築の分かる者なら誰でも気付くけれども,戦後の日本が失った「建築」という文化を思うと目眩がしてくる。一体誰に責任があるのか考えてみれば、その専門家である建築家が何らモデルを提示できなかったことや、大企業の独占的な産業構造や、無能な建築行政、暴力的な商業主義,無数に要因が挙げられる。
日本は家を作る社会的なシステムがおかしい。その事に気付いているものはほとんどいないし、その傾向はどんどん加速され目も当てられないような家が作られ続けている。









[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-25 14:19 | Comments(3)
2015 10 24 にわ
d0104210_1429237.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-24 14:30 | Comments(0)