コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2015年 12月 ( 62 )   > この月の画像一覧
2015 12 15 寒漁村 ボッカダッセ
d0104210_14502217.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
ここはGENOVAジョノバ街外れのうらぶれたBOCCADASSEボッカダッセ。陸に上がった小さな一艘の漁船と、時々海の向こうを眺めて本を読むひとりの男が良く似合う。忘れ去られてしまったうらぶれた寒村というイメージだけれども、実際にはそれはイメージだけだ。ここには高級レストランが4,5軒あり不動産屋の張り紙には75平米の屋根裏アパートが一億円で売っているジェノバ市の「超高級不動産スポット」だ。イタリアはこういう国では無い、と思っていたのにいつのまにか、世界中で投資先を漁る金融グロバリゼーションの手中に落ちてしまったという事なのだろうか。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-16 14:51 | Comments(0)
2015 12 15 CREMA クレーマ
d0104210_714271.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
クレーマの街は良い。門がある。街に入るには,この立派な門をくぐる。斜に構えたこの三層の門をくぐればそこには煉瓦のドゥオモが立ちはだかり広場が広がる。そこで悲劇が起ころうとは,門をくぐった時には想像だにしなかった。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-15 07:05 | Comments(0)
2015 12 15 骨董市
d0104210_15150625.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-14 15:17 | Comments(0)
2015 12 12 VENEZIA 24

d0104210_16595989.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4






























[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-12 17:01 | Comments(0)
2015 12 12 VENEZIA 23
d0104210_15225410.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4

















[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-12 15:23 | Comments(0)
2015 12 10 EPSON R-D1 COLORSKOPAR35mmF2.5
d0104210_07194840.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4






















[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-11 07:21 | Comments(0)
2015 12 10 VENEZIA 22 いろいろ
d0104210_13525087.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
日本では自殺にまで追い込まれちゃう会社員がいるのでストレス診断が義務づけられたとスタッフに話すと,何故そこまでいっちゃうのと言う。そりゃあ,イタリアだって会社の中のストレスが無いわけじゃないし、嫌な上司やら大変な仕事やらあるけど、軍隊みたいに会社が社員を自殺にまで追い込むような事するのどこか狂ってるんじゃないのと言う。それにそんな状況に置かれた社員は,なぜ会社を辞めないの。失業率だってこんなに低い日本だから,別に他に働くところなんていくらでもあるんじゃないの。私にはさっぱり分からない,という。そりゃあ,イタリア人には分からないだろうな。日本には「いろいろ」あるから。

「いろいろ」ってのは、ほぐして良く考えてみると、決して「いろいろ」なことじゃなくて、意外と単純だったりする。なので、ストレス診断なんてするよりも、「いろいろ」をほぐす事を教えた方が早いと思う。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-10 13:54 | Comments(0)
2015 12 09 TORCELLO 2 - VENEZIA
d0104210_14081585.jpg

EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4





























[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-09 14:09 | Comments(0)
2015 12 09 TORCELLI-VENEZIA
d0104210_13543377.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
ウールのコートは襟を立て,黒い磨かれた革靴を履き,革のバックをたすきに掛けて,背筋を伸ばす。しっかりと一語づつ確認しながらガイドブックを読みながら、一人旅をする。こんな由緒正しい旅人は、英国人だ。憧れるけれどもこんな旅はなかなかできない。トルチェッリ島にて


































[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-09 14:00 | Comments(0)
2015 12 07 VENEZIA 21
d0104210_68132.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
ノーベル賞などくだらない。新聞は,授賞式に出発だ,パーティーだ,椅子にサインをしただなどと、全くお祭り騒ぎで貴重な紙面を毎日毎日,ノーベル賞の記事ばかり書いている。世界の最高権威「ノーベル賞」と、これじゃあ発展途上人、ご褒美の欲しくてしかたの無い自立心ゼロの人間が涎を垂らして尻尾が引きちぎれそうにふっている犬のようなもんだ。大体ノーベル賞はダイナマイトで稼ぎ過ぎた金を元に作った賞で、そんな人を殺す為の発明を元手に稼いだ金を数億だか受け取るほうもどうかしている。よしんば受け取ったとしてもそんな金は直ぐにでも地雷で足を無くしてしまった子供達や今でも空爆で命を落としたり身障者になってしまった人達を助けるために寄付すれば良いのに,そんなノーベル賞受賞者は聞いたこともない。そりゃあ,人類のために随分立派なことはしたけれども、ダイナマイトで人生を台無しにされてしまった人達と比べれば,ノーベル賞を受けるような人達はもうおつりが来るくらい幸せな人生を送ってきた。
大体,日本のマスコミはこういうことを騒ぎ過ぎだし,人もノーベル賞を取ったからといって突然まるで「神様」のように受賞者を持ち上げてしまう。偶然,頭が良く生まれて,幸運にも研究ができるような環境で給与をもらって自分の好きなことができたただの人間で、決して神様なんかじゃないし,普通の人とほんの僅かの違いしかない。
世界遺産,世界遺産と騒いでいるけど、南京虐殺が世界遺産に登録されれば、そんな権威は嘘っぱち、金ださないと脅しをかける。ノーベル賞も似たりよったり。
ああ、ノーベル賞なんて下らない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-08 06:24 | Comments(2)