コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2015年 12月 ( 62 )   > この月の画像一覧
2015 12 01 フィルムの写真
d0104210_27426.jpg

NIKON FE 50mmF1.8Macro Kodachrome
もう四半世紀もむかしトスカーナのどこかの街,シエナだったような気もする、この写真を撮ったのは。やっぱりデジカメはフィルムには適わないと改めて思ってしまう。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-02 02:07 | Comments(0)
2015 12 01 かつて
d0104210_1502718.jpg
NIKON FE 50mmF1.8Macro Kodachrome
20世紀の末,誰一人知人も居ないコモに流れ着くと骨董屋をやっていたレンツォと知り合った。日曜にはエルボンネというスイス国境に近い山の村にしばしば誘ってくれた。トムという雑種の犬がいつも一緒だった。トムの臭いの充満した車にのれば,カーブだらけの山道に車酔いをするんじゃないかといつも複雑な気持ちだった。
それでも、週末,この牧草地の広がるなだらかな山にくれば思い切り開放感を味わう事ができた。息子のイワンは20になった頃で,当時まだ徴兵制があり、一年間の兵役にかり出されたイワンはアルピーノと言われる山岳部隊に配属になった。そこで驢馬の世話が役目だった。なるほど,鉄砲をかついで敵に向かって突撃するだけが兵隊ではないんだと、随分納得したのを今でも覚えている。上等兵からいじめられるのかイワンはレンツォに泣き言を言った。レンツォは随分心配して弁護士を頼んで抗議するとか言っていたことを思い出す。あれから随分時間が経ったけれども、なだらかな牧草地の山は今も変わらないし,レンツォとも街で時々顔を会わせる。この写真を撮ったのは兵役中の休暇だったのだろうか。立派な雉の羽のついた山岳部隊の帽子を冠ったイワンは結局結婚もせず独身で、老人養護施設で働いている。イタリアの徴兵制は、もうずっと昔,廃止された。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-02 01:50 | Comments(0)