コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2016年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧
2016 03 08 MORANDIふうの
d0104210_15102927.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
フィルム写真だったころは,フィルム,引き伸ばし技術,で出来上がりの写真にはかなりの「限界」があったけれども,デジタルになってからは,データーを処理すれば,どんな画像でもつくり出すことができる。カメラで撮った「写真」はフィルムに焼き付けられたイメージではなくて,データー素材になってしまった。
写真が好きな人は,このデーター素材に手を入れる事は,どうも「道徳的」に反することであり,できればカメラから取り出したデーター写真が,清く正しいと思っている,し,自分もコンピューターを駆使して,手を入れて行く事には何となく抵抗を感じる。
でも考えてみれば,センサーから取り出したデーターをカメラ内でJPEGに置き換える段階で,メーカーのかなり恣意的な,個人的な電子操作が入っているわけで,その時点ですでに「写真の純粋さ」みたいなものは失われてしまっている。なのでもうあとは,フォトショやらライトルームやら,複雑怪奇なプログラムを駆使して,手を入れまくっても大同小異という気がしないでもない。でもやはりデジタル時代になっても,フィルム時代に撮った「正統的写真」みたいな根強い「固定観念」から離れることは出来ない。
絵画では,19世紀末に近代絵画が始まった時に,それまでの絵画が最も重要視していた描く対象の「写実性」は全く重要性を失い,観る側の受け止め方が最大の関心事となりピカソ,ゴッホやらモネなどという全く恣意的な,個人的な近代絵画がもてはやされるようになった。
それに比べれば写真というのは何ともはや保守的なもので,まだ対象の写実性のジレンマから抜け出すことができない。だから写真として留まっていられるとも言えるのだけれども。
などと,随分,「テツガク的」な事を考えながら,ああモランディの絵はいいなと思って,静物写真を撮ってフォトショでこねくりまわしたのだけれども,何となくブログにのせるのが憚れるのは,やっぱり自分はかなり「保守的な」人間だという事で,分かったような分からないような事になった。
ここまで書いて気が付いたのだけれども考えてみれば,現実は,もうフィルムを知らない人達が写真を撮っているのであって,まったくああだこうだというのは年寄りの飛んだ的外れ議論に過ぎない。なんと無駄な時間を過ごしてしまったのだろう。























-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-09 14:31 | Comments(2)
2016 03 08 GIORGIO MORANDI
d0104210_6343582.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
日本のどこかでイタリアの静物画家,ジョルジョ モランディの展覧会が開かれているというニュースを読んで,そういえばどこかでモランディの絵を見た事があると思い出した。記憶を辿ればそれは美術館ではなく,「家」だった。いつのまにかあれから2年も経ってしまったけれども,ミラノのニッキ家のリビングだった。ミシンの製造で富を築いたニッキの家は20世紀のブルジョワの家といして博物館になって今では普通の人々も訪れることができるけれども,モランディの絵をはじめ様々な美術品が飾られ,クローゼットにはグッチのバックが,食器棚にはポンティの食器がそのままおかれている。「有名絵画」は美術館で前に立ってむずかしい顔をして「鑑賞」するものになってしまったけれども,もともと,こうして家の壁にかけて,家を飾って日常生活の中で楽しむためのものでしかなかった。


















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-09 06:35 | Comments(0)
2016 03 07 雪を冠った石の家
d0104210_637736.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
























-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-08 06:38 | Comments(0)
2016 03 07 好きな家
d0104210_05341703.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4





















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-08 05:34 | Comments(0)
2016 03 07 うっ
d0104210_1458153.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
あってはいけない景色というのがあって,どうも街というのは昔からあったのだから石の方はあとからやってきて家と家の間に挟まっちゃったんだと一瞬解釈してしまうけど,よく考えてみれば石のほうはもっとずっとずっと昔から何千年前だか,何億年前だか知らないけれどもあったはずなので,早い話しが街を作る時に大きな石のお片づけをしないままに街が出来て行き,どんどん人口が増えていったから,まあこの巨大な石を片付けるのも大変なので,この上に作ってしまえという,そういう事だったのだろう。
と合理的な解釈はいくらでも出来るけど,この「挟まっちゃってる感」というのはどうしても拭う事ができないから,両脇の2軒の家に住む家族というのは,生まれた時から,「挟まっちゃってる感」が心の奥深くに横たわっていて,左の家は,隣の石がいつもこちらに攻めてくるから何となく嫌だなあ,という感じがあるし,右の家の家族は,自分の家の土台が,いつも隣の家に寄りかかっちゃって申し訳ないような,でももうずっと昔からこうだから仕方がないしと,感じながら生きて行く事になる。
こんな形で,物理的に見る事はなかなかできないけれども,こころの中の大きな石,わだかまりは,みんな結構もっていて,それを取る事ができたらどんなにスッキリするだろうと思うのだけれども,ご覧のとおりどうしようもない。これは人生の縮図風景だな。





















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-07 15:03 | Comments(4)
2016 03 07 再び,理想の家
d0104210_143033.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
























-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-07 14:51 | Comments(0)
2016 03 06 Lemna レムナ
d0104210_664084.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
いくら建て主が,この家にはトイレをつけて下さいとか,部屋にはドアをつけて下さい,とか言われなくても,そんな事は設計するものが「常識」として,何も考えなくても自然と図面に,描かれて行く。
長年設計をしていると慣れてしまって気が抜けるのか,ついうっかり,トイレの無い家,ドアの無い部屋を設計したりしてしまう,なんて事は,絶対に起きない。自分で頭を働かせて図面を描いていさえすれば。でも,キャドで図面を描くようになってからは,コピペを簡単にするので,頭を働かさなくても,全く考えずに設計ができてしまう。コピ元案がトイレが無い家だったら,おそらく疑問ももたずに,トイレの無い家を設計してしまうだろう。
トイレの無い家というのは,良く言われるように,使用済み核燃料の処理方法が見付かっていない,原子力発電所の事ではなくて,白紙撤回になってしまった国立競技場となぜか全く同じ平面計画の新しく選ばれた国立競技場の計画案の事で,プランが同じと聖火台が無いってのは,偶然の一致ではなくて,コピペの結果だということは,設計をやっているものなら誰でも分かる。
業界では良くある事で,平面図はこのままで,ちょっと立面だけ考えてくれない,て奴だ。負け案作成の伊東さんはその事を,近代建築の特徴として批判している。コルビュジェが,「自由な立面」として提唱した近代建築の理念が,その建物が建てられる「場所」と何ら関係ない,世界中どこにも成立する無国籍建築で,それが地域性などを破壊してしまった。隈案というのは,そのようなプランはさておき,どんな立面でも貼付ける事ができる近代建築の理念の表れに過ぎないと批判する。
はい,もう時間切れ,ということで,隈案が選ばれると,あれだけ書いていたマスコミも突如として,一言も競技場の事は書かなくなってしまった。これも例の「報道統制」というやつが,上から下りて来たのか,それとも「これ以上問題にして遅らせたら,東京オリンピックができなくなっちゃうぞ」と自らやめてしまったのか,はたまた,新国の記事はもう人々の関心も無くなって来て商品価値がなくなってしまった為なのか。電波停めちゃうぞ発言がちょっと前にあったから,やっぱり最初の報道統制ってやつなのかと勘ぐってしまう。
設計するものがああだこうだと頑張っても,だいたいこんな大きなプロジェクトの設計料というのはおそらく3%とかそんなものだろうから,残りの97%の部分が,物事を決めていく。





















-























-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-07 06:24 | Comments(0)
2016 03 06 すべり込み
d0104210_2581838.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
暖冬の今年はもうお目にかかれないかと思っていたけど,すべり込みセーフ。レムナ村を散歩すると,居た。





















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-07 03:00 | Comments(0)
2016 03 06 翌朝の雪景色2
d0104210_16274368.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4


















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-06 16:29 | Comments(0)
2016 03 06 翌朝の雪景色
d0104210_15401292.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4

















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-03-06 15:41 | Comments(0)