コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2016年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧
2016 05 12 石道 LOTTANO 6
d0104210_533281.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4



















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-12 05:34 | Comments(2)
2016 05 10 気に入らない
d0104210_624052.jpg

EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
気に入らないのだ。こんな素晴らしい景色のところに石と木で「調和」して建っている家が,どうしても気に入らないのだから始末に終えない。何が気に入らないかと言えば,この家は修復した際に,バルコニーに製材した板材を使ってそれを塗料で仕上げているからだ。この村の家は,もともとバルコニーは草を干す為に作られたもので,もちろんこの村で村民が調達した建材だからバルコニーの手摺は,真っすぐな細い丸太をと塗装などせずにそのままの木地で使っていたのが,本来の姿だった。別荘として使う為には,細い丸太では危ないから,というのは言い訳に過ぎなくて,やっぱり景観保全に対して,そこまで気が回っていないからだ。イタリアもちょっと前までは,こんな細かなところにも「感性」があったのに今ではこうしてどんどん景観が破壊されて行く。











[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-11 05:40 | Comments(2)
2016 05 10 手柄 LOTTANO 5
d0104210_19474166.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
こんな奇麗な山村を偶然見つけると、何か自分の手柄のような気がして自慢がしたくなる。





















[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-10 19:48 | Comments(0)
2016 05 09 絶妙 LOTTANO 4
d0104210_621763.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
もちろんただただ何も考えずにつくっただけで,偶然に過ぎないのだけれども,こうして二軒の家が余りに絶妙な形で,あまりに絶妙な配置で建っていると,ため息がでてしまう。所詮あたまの中で,コンピューターを使って考えた「設計」は足下にも及ばない。一体いつから建築はこんなに貧しくなってしまったのだろう。















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-10 06:26 | Comments(0)
2016 05 09 花の咲き乱れる牧草地の春 LOTTANO 3
d0104210_5125599.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4

















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-10 05:14 | Comments(0)
2016 05 09 雨の朝
春の雨の朝は、ちょっと寒さを感じるけれども、どこからともなく小鳥の声がやけに澄んで聞こえてきて妙に明るくすがすがしい。
d0104210_2325096.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4



















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-10 02:34 | Comments(0)
2016 05 08 ロッターノ2
d0104210_1234384.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4






















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-09 12:35 | Comments(0)
2016 04 08 山の村の山の家
d0104210_5274039.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
コモ湖北端の街コーリコから更に30Km程行った所にキアベンナという街がある。北に向えば冬には閉ざされてしまうスプルーガ峠を超えスイスに,東に向えばマイヨーラ峠を抜けて,スイスの冬のリゾート地で有名なサンモリッツに行く。西は障壁のようにたちはだかる3000メートル近い連山が行く手を遮っている。
日曜日に有名なところはちょっと勘弁してもらいたいから,前日地図やグーグルアースと睨めっこをして,車でいける人の居なさそうで,なるべく標高の高い「村」を探す。
20世紀初頭まで牧畜が盛んに行われていたアルプスの地域は,標高1000メートルくらいまではどこも奇麗な牧草地として開拓され,数多くの集落が散在した。
もちろん今では牧畜は廃れてしまい,ほとんどが過疎化をとおり越してそこに定住する人の居ない棄村となってしまっているが,それでもその家を相続した人々や,休暇の別宅として自然の中で過ごそうという人々が古い家に手を入れて週末にはやってきたりして,「村」を維持している。
背後にアルプス特有の険しい岩山を見て,廻りに奇麗な緑の牧草地の広がる,そして不便さの故に取り残されてしまった家の集まりこれらの村は限りなく美しい。どんなに地図で想像しても,グーグルアースで3Dのイメージを見ても,その場に立てばアルプスの圧倒的な迫力と,そこに人が石を積み上げて築き上げた集落の美しさに圧倒される。
キアベンナの街に入る前の谷を東に少し登った,標高650M余りの山の中腹にある,ロッタノも典型的なそんな集落のひとつで,ここでもまた圧倒的な美しさに圧倒される。































-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-09 05:29 | Comments(0)
2016 05 06 開かずの扉
d0104210_6543573.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF.4





















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-07 06:55 | Comments(0)
2016 05 05 庭、はまなす
d0104210_136570.jpg
NIKON D300 NIKKOR55mmF1.2
朝、6時半、まだ少しくらいから、ボケ写真に憧れて買った開放F1.2のレンズで何とか写真を撮ろうとするけれども、やはり余りの被写界深度の浅さにボケ写真がサーバーに溜まっただけになってしまった。
枯れかけていたはまなすが、何とか花をつけている。















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-06 01:36 | Comments(0)