コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2016年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2016 07 28 新導入の古種の大きなトマト
d0104210_4311765.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4

本を買うのが好きだった、でも考えてみれば読むのは余り好きではなくて今でもなかなか頁は進まない。何となく、本を読めば「知的」な感じがするけれど、実際には本を読むにはかなり脳みそが汗をかかないといけないから、根気のない自分にはあまりむいていない。それでも考えてみれば、何冊か、数少ないけれども、自分の考え方に決定的に影響を与えた本、まるで新しい地平が開けたような本が何冊かはある。例えば大学の夏の自主ゼミで呼んだデイビットワトキンの「建築とモラルティ」は近代の建築を見る目に疑問を持っていた自分にとっては「目から鱗」というやつで、建築の「本質」がなんであるのかを的確に、明確に示してくれた。
あまり真面目な学生ではなく単位が簡単に取れるからと取った「社会学」で学んだエリックフロムの「自由からの逃走」もそんな本の一つだった。ヒットラーという人類史上例外的な狂気が生み出したと思っていたナチズムが当時の市民社会が欲していたものだったというフロムの慧眼は、ある不動の事実が視点を変えることによって、全く別の現象として現れてくるという、まるで手品を見ているかのような刺激を受けた。

昨日は、日本では身障者の施設で多数の方が命を奪われ、フランスでは教会で神父が殺害されたりと、ここのところ本当に世界中でせい惨な事件、が起きている。インターネットのおかげで世界中のニュースが瞬時に見る事ができるために世界中のこんな知らせが届くだけなのか、それとも本当に今という時代が、これまで起きなかったような非人間的な事件が起きているのか、それは定かではない。
今回の日本の事件が特に印象的だったのは、斬首のような宗教的な原理主義者による野蛮な殺戮とは大きな違いがあることだった。それは、被害に会われた方、命を奪われた方々が社会的な「弱者」であったことだ。ネットでオレンジの服を着せ、ナイフをかざして殺戮を行うのは確かに衝撃的で,一見,捕虜となった無力な「弱い」ジャーナリストを「強い」狂信的な原理主義者が命を奪うというものだけれども、世界地図の中で置かれている彼らの立場というのはもうどうしようも無い程の「弱者」であり、あのようなシーンは単なるプロパガンダのために作られた一つの芝居に過ぎない。世界の中では、原理主義者は、少なくとも西洋社会の中で生活するイスラム教徒たちは「弱者」の立場に置かれている。だからテロは基本的には体制側という強者に対する全く不条理な弱者からの攻撃だ。それに対して、今回の日本の事件は、一般に日本の社会で生活する強者が障害者という弱者を襲った。
両者とも狂気の殺戮という見方をすればどことなく共通的でそれは簡単に納得いく解釈だけれども、社会学的な観点からはそのエネルギーの力学が、全く別方向に働いていることに気づかされる。つまり世界中で起きているテロは、自由主義,民主主義,資本主義という世界を席巻する圧倒的な強者に対する,イスラム原理主義者という弱者が、自分の命をかけた何ともやりきれない,当然受け入れる事のできない攻撃であるのに対して,今回の日本の殺害事件は、障害者という疑問の余地のない弱者への攻撃であった。それはどこかナチのユダヤ人殺害,優位に立つと考える強者の「民族浄化」を想起させる。確か数ヶ月前にもどこかの老人医療施設で、看護士がバルコニーから老人を突き落とし殺害したという事件があったように記憶している。

先日,東京にいき人ごみの中で,ギョッとした事があった。急いで電車に乗ろうとした婦人が,わたしの持っていたバックに足を引っかけひどく転倒した。もちろん大丈夫かと心配になり、声をかけ起きるのを助けようとした。するとその婦人は,まるでその助けが迷惑であるかのように、そして回りにいた無数の人々も全く何事も無いかのように、電車に急いで乗って行った。こんな背筋に悪寒が走るような体験は,日本以外ではありえないと思う。転倒した弱者を誰も顧みず,また本人すらそれを認めたがらない。どんなに東京の生活が忙しいからといっても、3分立ち止まり,弱者を「助ける」という事ができなわけはない。他の国はしらないけれども、イタリアではこのような行為,助けないことは刑法によって罰せられる。
考えてみればこんな事は日常に溢れている。電車の中にベビーカーを持ち込めば回りの人は露骨に迷惑がる。スーパーでもたつく老人に,悪口を吐く。法律ができたとはいえ相変わらずのヘイトスピーチ。沖縄への基地の押しつけ。フクシマの被災者の進まない救済。現代になってもまだ存在する非差別民。

心の問題は、一見,極めて個人的な問題のように思える。他人のこころの中まで見る事は出来ないし,一体他の人が,何を考え何を感じているのかは誰にも分からないから。数多くの命を奪った犯人のこころの中も知ることはできないし、おそらく「狂気」というレッテルを張る事でしか納得のいかないものであろう。
イタリアで、ユダヤ人のユング派心理分析家とこんな話しをした事がある。心理分析は言ってみれば,分析家が被験者のこころの中に入り込むことであり、例えばもし日本人の心理分析を行おうと思えば個人的なレベルはある程度それができるかも知れないけれども,日本というコレクティブ,共同体のこころには一体どこまで入り込むことができるか分からないから、本当に心理分析が全く異なった文化の中で育った被験者にも有効なのか,可能なのか分からないという事だった。
こころが個人に秘めたものであるためにコレクティブ(共同体)の心という概念は、どうも分かりにくい。でも、確かに日本人には日本人固有のこころのあり方があるし、イタリア人にはイタリア人特有のこころのあり方がある。例えばイタリアを旅行した日本人がよく出くわすことに、ジプシーのお金請いがある。我々にはそれはまるで「不浄」なものを見てしまったような「不愉快」な気持ちにさせられる。だから決してお金をあげることはしない。それに対してイタリア人は,よくジプシーにお金をあげている。それが何故かといえば、ジプシーは社会的な「弱者」であり、彼らの立場は長い歴史の中で築き上げられたひとつの文化で今日明日にも簡単にその弱者という立場から抜け出す事ができないという事実を受け入れているためだ。
共同体のこころはその内部にいればなかなか見る事ができない。誰もが共有しているこころの状態であり,誰とも差がないために認識することがほとんど不可能だからだ。日本人には当たり前のこころのあり方が、西洋人にはとても奇異にうつったりするのはそのためだ。日本人には普通の「笑い」もしばしばイタリア人にどうして何が面白くて日本人はこんな事に笑うんだと、よく言われたりする。

フロムがドイツナチズムに関して書いた,自由からの逃走という本はまさにこのようなドイツ人の「共同体のこころ」のあり方であった。近代化して大きく変化したドイツ人社会の市民達が共有していたこころの状態が,あの狂気を生み出した。誰もが意識のレベルでは当たり前に希求していると思っていた「自由」が当時の人々にとっては大きな「負担」でありそこから逃れようとする社会的な力が働いていた。

自分には東京駅で起きた弱者を全く無視する「共同体のこころ」が、今回の障害者施設での凶暴で,無惨な殺戮を犯した「個人のこころ」と、全く無関係のものだと確信することは出来ない。

















[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-29 04:33 | Comments(0)
2016 07 26 頂き物
d0104210_6451053.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mm
頂いたのは、照明器具で手作りのような磁器の歪んだ傘が灯りをつければほんのり浮かび上がって美しい。2ヶ月程前に、ミラノでの生活に見切りをつけて湖畔の田舎村(だったけど今では国際観光地の様相を呈している)に引っ越して来たのはパトリツィアとグイドの若くは無いカップルだ。インテリアの雑誌で働いていたパトリツィアは随分いろんな「デザイングッズ」を持ち合わせていて、引っ越しで家におさまりきれないグッズのおこぼれに預かったという訳だ。






















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-26 06:46 | Comments(0)
2016 07 21 昼食
d0104210_0553856.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
事務所のスタッフが明日から長い一ヶ月間のバカンスを取るので、ひと月さよならパーティという訳でもないけれどもいつもと違ったレストランに昼食に行った。
ここ数日、コモは暑い、蒸し暑い日が続いている。少しでも高くいけば涼しいかと、コモの東側の山の上の小さな街、ブルナーテに足を伸ばした。街の少し外れ、森の中にあるファルケットというちょっと山小屋風のBBで、こんなところがコモの街のすぐ近くにあることも知らなかった。
電話を何回かしたけどなかなか通じないし、ようやく出た女の子は今、オーナーがいないから今日はレストランやっているか分からないという。それでも、出かける直前に電話をしてみれば大丈夫だという。急な山道を標高差400M程あがり、村を過ぎて森の中をしばらく行くと、レストランがとてつもなく見晴らしの良いところにあった。予想どおり誰もいない。独占。
レストランで昼食といってもイタリアのレストランは昼は本気じゃないから10ユーロ程度で、しっかりパスタと肉料理が、言ってみればフルコースで食べられたりする。そして時々思いがけないほどの味の料理に出くわしたりする。このファルケットもそんなレストランのひとつだった。木陰のテーブルでした昼飯は、ブレザオラというこの地方の牛の生肉の生ハムと乳臭いチーズになる前のチーズみたいな美味しいブッラータを前菜に頂き、その後、パスタを頼んだ。パッパルデッラ・カルボナーラ、スパゲティでなくパッパルデッラという極平太パスタのカルボナーラなのだけれども、このカルボナーラはもう地鶏の卵の黄身だけを5個くらいは使っているんじゃないかって思う程の濃厚な味で、こんなパスタはこれまで見た事もない。パスタは何時も早食いしてしまうのだけれども、これはもう一休みしなければとても平らげることはできないものだった。こんなものを食べた後は、そしてこんな暑さじゃあ、もう昼寝がしたくなる。ああ、また午後から仕事だなあ、なんて言いながらも、やっぱりこういうペースで楽しみながら日常が送れるってのは、イタリア人の作って来た「文化」というのは凄い事だと思うし、猫も杓子も念仏のように「経済発展」なんて唱えているのとはちょっと違う、必ずしも経済発展したからって、こういう風にはならないような気がする。ちょっと発想を転換しては、なんて典型的な長い外国暮らしで頭のおかしくなった日本人の戯言でした。















[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-22 01:20 | Comments(0)
2016 07 17 ドゥオモ広場、夏 コモ
d0104210_262421.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4




















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-20 02:07 | Comments(2)
2016 07 16 ファサード、コモ
d0104210_2223839.jpg
SIGMA DP-2






















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-19 02:25 | Comments(0)
2016 07 15 醤油さし
d0104210_5364731.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
今では納豆も買う事ができるほど、日本のものがコモでも手にはいる。だから帰国したときイタリアに是非持ち帰りたいというものは滅多に無いけれども,どこか「大正」を感じさせるガラスの醤油さしはイタリアには売っていない。



















.
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-16 05:38 | Comments(0)
2016 07 14 せんげんさん2
d0104210_5404413.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
日本の伝統的な木製建具は、モンドリアンの絵画のようにモダンで限りなく美しい。
いつかアルミサッシの防火性能に関する大手メーカーの不正について書いた。クリック。防火性能は,炉の一つの壁に窓を設置して20分間炎にさらし、窓が崩壊しないか,そして反対側が着火しないか試験が行われる。20分後に温度は約900度に達する。
木製建具を日本で普及させるために製造コストと防火性能に関して,様々な模索をしている。金属は火に強く,木は火に弱いという固定観念があるけれども、実際にはアルミは低温で溶けてしまうのに対して木は表面が燃える事で炭,炭素の層が形成され燃焼していく速度は決して早くは無く十二分にこの防火試験は満たすだけの特性を備えている。もちろん窓は、木枠だけでできているのではなく、ガラスや金物などの様々な部品によって作られているために窓全体としての耐火性能というと、様々なスタディが必要になる。
今回,検証のために防火認定が取れているという現在流通している大手メーカーのアルミサッシの防火性能試験を行った。その結果は驚くもので、わずか9分程で,窓は崩壊し、さらにガスケットに使用されている化学材料のためか猛烈な有毒ガスの発生を伴うというものだった。9分というのは炉内温度はまだ800度にも達していない。また有毒ガスの発生のために13分ほどで、試験そのものを中止せざるを得ないというものであった。
日本の産業構造は「大手メーカー」による実質的な独占的な状況にあると言って良い。住宅用アルミサッシを製造するメーカーは現在ではLIXILとYKK、SANKYOなど数社に限られ,年間約150万本消費される日本の家のサッシはこれらのメーカーに独占されている。その独占が、捏造によって消費者の安全の犠牲の上に成り立っているというのが「現実」であることを改めて知ってもらいたいと思う。認定を与える立場にある官僚と巨大企業、あえて言えば広告代理店という構造的な問題は,決してアルミサッシだけでなく、通信や電力など、日本の基幹的な産業の中に根深く,不動に横たわっている。例えそれが世界の市場主義で生き残るためというアリバイがあったとしても、その恩恵以上に,常にツケを払わされるのは我々であることに違いはない。

















[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-15 12:29 | Comments(0)
2016 07 14 カフェドゥオモ
d0104210_64467.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
カフェドゥオモのガラスに写ったドゥオモの正面と,ガラスの向うに並べられたカンパリとペロルの大きな瓶,
















[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-15 06:08 | Comments(0)
2016 07 14 せんげんさん
d0104210_529123.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4





















-
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-15 05:30 | Comments(0)
2016 07 14 帰国
d0104210_14333192.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
帰国から帰国し早朝庭に行けばつぼみだったモンテブレチアが咲いていた。


















[PR]
by kimiyasu-k | 2016-07-14 14:35 | Comments(0)