コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2017年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
2017 05 29 きた

d0104210_04362140.jpg

iphone




















-


[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-30 04:38 | Comments(0)
2017 05 28 木のイス
d0104210_01503933.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4





















.



[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-29 01:51 | Comments(0)
2017 05 27 言語化されない感情
d0104210_12283763.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mm F1.4   エルノ村にて
犬と暮らし出して半年が過ぎた。家の中で飼っているうえ職場にも連れて行くから本当にもう24時間一緒にいる。だから犬の感情が手にとるように分かる。嬉しかったり悲しかったり,つまらなそうだったり、満足したり。でもふと考えると犬はそんな様々な心の状態を言語化することが出来ない。つまり自分は今嬉しいんだ,ああこの人は怒っているんだなどと、思考によって感情を概念化することができないわけだ。これはよく考えてみれば、人間が思っているいわゆる「感情」とは随分異なったもののような気がする。犬達は,その瞬間に起きている外界の現象に対して,感情を引き起こしそのような身体的な反応を見せるのだけれども、それを過去や未来に投射して思考を組み立てることはできない筈だ。ひょっとして過去に経験した事象に対しておきた感情を,脳のどこかに記憶して、同じ事が起きた時に,同じような感情が引き起こされるのかもしれない。でも、過去に起きた感情を一旦言語化して「この人が憎い」「あの時は楽しかったなあ」「明日はおいしいご飯が食べれるかな」なんて、感情を思考へと移し替えることはできないはずだ。そういう意味では犬はいつもその瞬間、瞬間を生きていると言えるのかもしれない。過去に起きた事を悔やんでみたり、未来に余計な不安を抱いたりすることも無い。
確かに動物と人間を明確に区別するのは「言語」以外の何ものでもない。でもその「言語」ゆえ、人は意味のない戦争を起こしたり、富を蓄えようとしたり、起きてもいない事に不安を覚えたりする。でもその「言語」ゆえ人は、素晴らしい過去の感情を現在に再現することもできるし、新しい未来を夢見て創造していく事もできる。唯一人間のみに与えられたこんなに素晴らしい道具を使い、政治家や資本家、官僚などの今日の支配階級は「不安」や「嫌悪」「恐怖」といった人々の負の「感情」をもてあそび、自己の強欲な「感情」から生まれた動物には描くことのできない「知の妄想」を実現しようと躍起になっている。

















[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-27 12:47 | Comments(0)
2017 05 25 カバニョーラの家に書かれた文字
d0104210_04163728.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
??? VIVA CHI BEVE AL CROTTO




















[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-26 04:18 | Comments(0)
2017 05 25 カバニョーラの湖角の家
d0104210_13421831.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4



















-

[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-25 13:44 | Comments(0)
2017 05 25  洗濯鋏
d0104210_13101049.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4


















-


[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-25 13:11 | Comments(0)
2017 05 24 林の中の石の家
d0104210_05260808.jpg
カヴァニョーラはコモの街から20KM程右岸を北上して、コモ湖がカクッと折れ曲がった,曲がり角にある10戸ほどの小さな集落だ。国道に車を置いて,湖畔の集落まで下りて行く道すがら,鬱蒼とした林の影に奇麗な石の建物が目に飛び込んで来る。訪れたのが夕方だったから西日を一杯に受けた正面が明るく輝き,家はくっきりと幾何学的な立方体として、樹木の無秩序の中に自分を主張する。このように建築が自然に呼応する抽象的な純粋幾何学であることは、地中海の建築に特徴的な事であり、それは若き頃,地中海を旅する事で「近代建築」の創始者のひとりとなったルコルビュジェや、圧倒的な建築の論理性で様式建築を復活させたルイスカーンなど多くの建築家に影響を与えた地中海建築のほとんど核心と言って良い特徴だ。そんな事を抜きにしても、細い小道を歩いて下りて行くと樹の影に圧倒的な存在感を持って立っている「石の家」の美しさに、心を静めることは難しい。
























[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-25 05:31 | Comments(0)
2017 05 24 どうみても
d0104210_23444887.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mm F1.4















-


[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-24 23:45 | Comments(0)
2017 05 24 ほとんど
d0104210_23341460.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4

















-


[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-24 23:35 | Comments(0)
2017 05 24 芥子の莟と矢車菊の青い花と赤い芥子の花
d0104210_21050688.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4










_








-


[PR]
by kimiyasu-k | 2017-05-23 21:07 | Comments(0)