コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2014 05 14 見晴し台
20年以上,毎日前を通る家のすぐ裏に、こんな見晴らし台があるのを知らなかったのに呆れた.
d0104210_13325623.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
日本では集団的自衛権をめぐって賛否両論,騒々しい.が、これは秘密保護法と同じで,多数をしめる安倍政権が,公明党の同意をとりつけ閣議決定という運びになっていく。集団的自衛権という言葉自体がどうも分かりにくいのは,恐らく外国語からの翻訳日本語だからかもしれない.分からない抽象的な概念は、具体的な事例にあてはめて考えるようにしている.そこで思い浮かぶのは尖閣列島だけれども、尖閣はどうも感情のもつれがあって考えにくい.ここはもう少し客観的に考えるために、「ベトナム戦争」の場合はどうなのか.ベトナム戦争は米ソ冷戦の「資本主義」対「共産主義」という図式の中で,自由を守るために、アメリカが共産主義から自衛するために戦った.もし当時,集団的自衛権が認められていたなら、そしてアメリカが日本へ軍事支援を求めたならば,あのベトコンの暗躍した熱帯の森林のなかに自衛隊を送る,ということになる.かなりの数の自衛隊員が犠牲になるのでそれはちょっとマズいのでは思う。とは言え日本の自由を守るため、共産主義から守るためだから仕方がないことなのか。イタリアでは,「共産主義者は赤ん坊を喰う」という.そんな凶悪な共産主義から日本の自由を守るためには、やはり集団的自衛権というのは、たとえそれが憲法9条に照らし合わせてしっくりしなくとも必要ということかもしれない.
尖閣列島やら竹島,北朝鮮どうも近所の国々とぎくしゃくしているから,昔と比べて世界がどこか不安定で、いつ戦争がおきても不思議がない、それに日本も備えないといけないという「空気」があるようだけれど、第二次世界大戦からいつ核戦争に発展するかわからない冷戦時代を思えば,やはり現代は随分,平和な時代だと認識したほうが正しいような気がするのは,隣国との露骨な衝突はもう懲り懲りというヨーロッパに居るからだろうか.
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-05-14 13:23