コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2017 04 25 開放記念日
d0104210_20383379.jpg
EPSON R-D1xBIOGON28mmF2.8
第二次世界大戦の終了は,イタリアでは解放記念日と言う。これはムッソリーニを党首とするファシスト政府とドイツナチによる占領から開放された事を記念する日だ。日独伊三国同盟と勉強している日本人にはファシスト政府はイタリアそのものの筈なのにどうしてそこから開放されなければならないのかという違和感を感じてしまう。これが歴史認識というものだ。歴史は事実の羅列によってできている訳ではない。現在の自分の置かれている立場の「基礎」がどのように認識,解釈,構築されているかという問題だ。だからイタリアの現在は,ファシスト,ナチという軍事独裁政権と戦うことによって、そのような戦前の体制に反して生まれた民主主義の共和国という定義がされているのであり、その象徴的な記念日が今日,4月25日というわけだ。感情的には随分御都合主義という感じがしないわけでもない。でも「歴史」というのはこのような定義付けであり、日本が相変わらず中国や韓国から、歴史認識をとやかく言われるのは、このような現代日本の再定義を、戦前の体制との決別という形で行っていないためだ。いつまでも「感情的」に戦後を引きずっているよりも、事務的に戦後の定義をすれば良いだけなのに、こんな簡単な事も「感情的」な政治家には分からない。

































[PR]
by kimiyasu-k | 2017-04-25 20:36